事業計画書


一般財団法人 日本音楽産業・文化振興財団(JMCE)
平成31年度 事業計画書
2019年4月1日~2020年3月31日

【はじめに】

当財団は、2019年1月7日より団体名称を変更させて頂きました。
・日本語:一般財団法人 日本音楽産業・文化振興財団
・英語:JAPAN MUSIC CULTURE EXPORT(JMCE)
このタイミングを契機として、更に事業の充実を図り、団体としての使命を果たして参る所存です。益々のご支援を賜りたくお願い申し上げます。

事業に於いては、昨年2月からサービスを開始した海外関係者向けのアニソン情報検索サイト「JAPAN ANIME MUSIC LAB.(略称:JAMLAB.)」も、サイトとしての充実を図りながら、国内外に於ける情報発信等を積極的に展開して参りまして、海外から多くの問い合わせを頂くサイトに成長しております。また、毎年10月に開催している東京国際ミュージック・マーケットもお陰様で回を重ねるごとに内容も充実し多くの関係者にご参加頂いております。
本年度も、当財団は、「東京国際ミュージック・マーケット(TIMM)」、「JAPAN ANIME MUSIC LAB.」を事業の2本柱として更なる充実を図って参ります。


【主要事業】

(1)実施事業(公益目的支出 対象事業)

1.第16回東京国際ミュージック・マーケット(16thTIMM)の開催

※ 定款第4条(4)

今年度も、Japan Content Showcase(音楽:TIMM/JMCE、映像:TIFFCOM/UNIJAPAN、アニメ:TIAF/AJAの合同開催)の一環として、経済産業省、VIPOと3団体の共催マーケットとしての開催を予定しております。
予定している日程、会場等は以下の通りです。

第16回東京国際ミュージック・マーケット(16thTIMM)
日程 2019年10月28日(月)~ 30日(水)
会場 商談会・ビジネスセミナー:渋谷エクセルホテル東急 | ショーケースライブ:TSUTAYA O-EAST 他

課題・テーマ
・ビジネスセミナー、ショーケースライブの充実
・先端テクノロジー分野と音楽の連携
・新人若手クリエイターの支援
・オフィシャルサイトを改修し、オンライン上でマッチングできる機能の整備


(2) その他事業(公益目的支出 対象外事業)

1.アニソン情報サイト「JAPAN ANIME MUSIC LAB.」の運営
※ 定款第4条(2)

2018年2月にサービスを開始。2019年2月末時点で、レコード会社、レーベル等17社が参加し約160組のアーティスト情報がアップされております。すでに400名を超える海外関係者が登録し、イベント出演、取材申込をはじめ多くの問い合わせが寄せられています。本年度、サイトとして2年目を迎えておりますが、引き続き内容の活性化を図り、機能の改修等も行いながら、アニソン検索サイトとしての更なる充実を図って参ります。

2.公募助成、スカラーシップ支援等
※ 定款第4条(2)(3)

昨年度は、若手スタッフの育成を目的として、ロサンゼルスで開催されているANIME EXPO、又、連携イベントとして開催されたANISONG WORLD MATSURIの視察及びネットワーキングへの参加を実施致しました。本年度も、今後の日本音楽産業を支えていく若手スタッフを対象に、海外展開に向けたサポート施策を展開して参ります。

3.内外交流事業
※ 定款第4条(5)

・ 海外に向け展開を図っていく上で諸団体との連携、情報交換等
・ 在外公館に於いて開催される日本音楽イベント等への協力
・ 海外展開を希望する企業に対し、「TIMM」等で培った人脈紹介等

【その他】

1.日本レコード協会(RIAJ)海外マーケティング事業との融合強化

組織としての運営体制を更に強化・効率化していく為に、引き続き日本レコード協会との連携を図り、上記事業における協力関係に基づき人員などのリソース面、金銭面での運営支援を日本レコード協会から受ける。

【運営体制】

1.評議員会
2.理事会
3.三役会
4.評議員選定委員会

【委員会、プロジェクトチーム等】

1.東京国際ミュージック・マーケット実行委員会
2.広報プロジェクトおよびJAMLABプロジェクトは共に当初の目的を果たしたことからH30年度をもって終了し、新年度より新たなプロジェクトを発足予定